脱毛完了までに時間がかかるのはなぜ?

脱毛は、何度も施術を受けて初めて効果がでるもの。

1~2回の施術でパッとムダ毛がなくなってくれれば便利なのですが…そうはいきません。

その理由は、「毛周期」と「脱毛のメカニズム」のせい!

脱毛施術(IPL脱毛やレーザー脱毛)が、「成長期」にあるムダ毛にだけ効果を発揮するものだからです。

そもそも“毛”には「休止期・成長期・退行期」という生え変わりサイクルがあり、その“周期”は毛によってバラバラ! 

わたしたちの身体には、常に“成長中”や“抜け落ちる寸前”など、色々な段階の毛が存在しています(これがもし全ての毛が同じサイクルで生え変わるとすれば、全身の毛が一斉に抜け一斉に生えてくることになるわけで…怖いですよね)。

ただ、上記で触れたように、脱毛施術がシッカリ効果を発揮するのは「成長期」の毛にだけ。

というのも…

光脱毛やレーザー脱毛というものが“ムダ毛をなくしたい箇所にメラニン色素に反応する光やレーザーを照射、毛を媒介に熱エネルギーを毛根に届けて(毛根に)ダメージを与えることでムダ毛を抑制する仕組”であり、熱エネルギーを毛根にきちんと届けられるのは、毛根にシッカリと接して太く生えている「成長期」の毛に限られるためです。

では、ここでクエスチョン!

脱毛効果が狙える「成長期」の毛が生えている毛穴は、毛穴全体の約何%だと思いますか?

答えは…

およそ10%!

たったこれだけなんです!!

実は、身体の毛穴のうち、肌に表面に確認できる毛を生やしている毛穴は20~30%程度。

しかも「成長期」にあるのは、肌表面に生えている毛のそのさらに30%ほどにすぎません。

だから、脱毛効果が狙える「成長期」の毛が生えているのは全毛穴の10%程度というわけ!

肌表面に見えていても成長期を終えて退行期に入った毛には…施術効果があまり期待できず、毛が抜け落ちた後の休止期の毛穴に光を照射しても意味がナイのは言うまでもないこと。

そのため施術1回でアプローチできるのは…

処理したいムダ毛の10~20%くらいが精一杯なのです!

これが、脱毛完了までのペースが速い医療脱毛でも少なくとも5~6回の施術が必要な理由。

また脱毛エステでは、医療機関よりも出力レベルが弱いマシンが使用されていることから1回の施術で十分なダメージを毛根に与えるのは難しく、脱毛完了までにはさらに長い時間がかかります。

名古屋で人気の脱毛サロン

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする